Node.js 環境構築(Mac × fish × anyenv)

Node.jsを使う機会があったのでメモ。

前提要件

以下の環境上で構築する。

  • OS
    • MacOS Catalina v10.15.6
  • shell
    • fish v3.1.2
  • Xcodeインストール済み。
  • Homebrewは使わない。
  • **env系は入っていない。

anyenv のインストール

nodenvを使ってNode.jsを管理したいので、まずはnodenvそのものを管理するanyenvをインストールする。

必ず本家サイトを参照すること。

git clone でダウンロード

$ git clone https://github.com/anyenv/anyenv ~/.anyenv

パスを通す

$ set -Ux fish_user_paths $HOME/.anyenv/bin $fish_user_paths

anyenv の初期化

$ ~/.anyenv/bin/anyenv init

結果

# Load anyenv automatically by adding
# the following to ~/.config/fish/config.fish:
status --is-interactive; and source (anyenv init -|psub)

言われた通りに以下を~/.config/fish/config.fishに追記。

※環境によって追記内容が違うかも。

status --is-interactive; and source (anyenv init -|psub)

anyenv install の初期化

ターミナルに再ログインする。

結果

ANYENV_DEFINITION_ROOT(/Users/riywo/.config/anyenv/anyenv-install) doesn't exist. You can initialize it by:
> anyenv install --init

anyenv-installフォルダ(install manuifest)が無いよと注意される。

以下のコマンドで作成。

$ anyenv install --init

途中、Do you want to checkout ? と聞かれるので「y」を押してリターン。

anyenv自体のインストールは完了。

以下のコマンドでinstallできるもののリストを確認できる。

$ anyenv install -l

各**envをアップデートするためのプラグインをインストール

$ mkdir -p (anyenv root)/plugins
$ git clone https://github.com/znz/anyenv-update.git (anyenv root)/plugins/anyenv-update

プラグインの本家サイトはこちら

以下のコマンドでアップデートできるようになる。

$ anyenv update

nodenvのインストール

$ anyenv install nodenv
$ exec $SHELL -l

yarnも一緒に入れてくれるプラグインをインストール

$ git clone https://github.com/pine/nodenv-yarn-install.git (nodenv root)/plugins/nodenv-yarn-install
$ exec $SHELL -l
$ nodenv hooks install

Node.js をインストールする

Node.jsのバージョンリストを表示

$ nodenv install -l

バージョンを指定してインストール

$ nodenv install 14.10.1

globalで使うバージョンの指定

$ nodenv global 14.10.1

Node.jsのバージョン確認

$ node -v
v14.10.1

これでNode.jsの環境構築ができた。

以上。

参考

fishでanyenvを使う

anyenvを使う

anyenv.github.io

anyenv-update

ndenv / nodenv で Node.js をインストールする際、同時に Yarn もインストールする方法

nodenv-yarn-install